ホームへ戻る 犬飼ターボの秘密ハピサク日記オススメ本メール送信

ハピサクマップ、意識の成長プロセス


犬飼ターボが本、セミナー、教材プログラムはすべてこのハピサクマップのコンセプトを
基本にしています。
ハピサクとは、幸せと成功を同時に手に入れることで、右上の地点を目指す生き方です。
(このモデルは未完成です。研究が進んだときに言葉や説明を変更しています)

ハピサクマップ

競争のステージ

・「ない」にフォーカスしている。
(例)愛される価値がない、幸せなる資格がない、実現する力がない。

・そのために不安(恐怖・恐れ)が生じてくる。そして、悲しみ怒りに向かう。

悲しみに向かうと、自分でどうにかしようという男性的なエネルギー(マーズ)を否定し、誰かに幸せにしてもらおうと依存的になる。これが「くっつき」の状態。

怒りに向かうと、自分の繊細な心の声を感じるという女性的なエネルギー(ヴィーナス)を否定し、自分の価値を証明するために競争的になって孤立していく。これが「がまん」の状態。

・ストレスを興奮によって紛らわせる。
自分には幸せになる力が無いという不安感(くっつき)や競争意識からくる孤独感(がまん)といったストレスを解消するために、外側で補おうとする。
くっつきなら、自分以外に自分を幸せにしてくれる人を確保すること。
がまんなら、ブランド品などを身につけて尊敬されることや大きな目標を成し遂げることなどで得られる興奮を求めて、ストレスを紛らわせる。

★共存のステージからはじめるためには?
@「ない」から「ある」にフォーカスを変える。
(→ハピサクレッスンで学ぶことができます
A無意識に繰り返しているがまんやくっつきの振る舞いに気付く。
(→教材「ハピサクナビゲーター」で学ぶことができます

共存のステージ

・ 男性的なエネルギー(マーズ)と女性的なエネルギー(ヴィーナス)の両方が調和している状態。

男性的なエネルギー(マーズ)の特徴
1、与えることで喜びを感じる
2、自分から行動を起こす能動的な性質
3、外側で何かを実現する外向的な力

・ 女性的なエネルギー(ヴィーナス)の特徴
1、受け取ることで喜びを感じる
2、変化を柔軟に受け止める受動的な性質
3、内側で自分の気持ちを感じられる内省的な力

・ ヴィーナスを使って自分が本心で望んでいることを知り、マーズを使ってそれを実現することで幸せに成功することができる。

・ 「ある」にフォーカスしているので安らぎを感じている。また内側で男性的なエネルギー(マーズ)と女性的なエネルギー(ヴィーナス)が調和しているために、外側での人間関係のトラブルが少ない。

・ 「ない」ものを手に入れるのではなく「ある」ものを増やす。そして、喜びを感じる。

★奉仕のステージに進むためには?
@フォーカスを「ある」から「完全」に変える
A分離の幻想に気付き、すべてとのつながりを思い出す。

奉仕のステージ

・ 「完全」にフォーカスしている。完全であるということは限りなく選択肢があるということ。すべての意識のあり方の中からもっとも自分にふさわしいあり方を選ぶ

・ 完全に選べる状態が自由であり、その中に愛である自分にふさわしいあり方を見つける。選べるために変化できて、成長していくことができる。

・ ヴィーナスを使って小さな声を聞き取っていく。思考と肉体の調和。

・ すべてのものとのつながり(一体感)を感じている。
自己の奥深くでつながっている統一意識との調和。

・ プロセスを信頼する。コントロールを手放し流れにゆだねる。

・ 奉仕とは他人の要求を受け入れるのではなく、内なる統一意識に奉仕するということ。

 

 


戻る