ホームへ戻る 犬飼ターボの秘密ハピサク日記オススメ本メール送信

第14回 与えることを考える
執筆年  2001年   

画・ざむ姫

社員の採用面接に来る人は実にいろいろな人がいます。ほとんどの人はまず待遇について聞きたがります。
収入はどれくらいか。
休みはどうか。
終業時間はどうか。
保険はどうか。
こういう人に「あなたはうちの会社に何をしてくれますか」と質問するとすぐには明確に答えられません。
なんか都合が良くありませんか?

Give and Take
という言葉がありますが、よくできていますよね。
何で Take and Giveじゃないんでしょうね?
これは、とる(take)の前に与える(give)ことをしないといけないっていう意味なんでしょう。偶然かも知れないけど。

チャンスをつかむ人はまず与えることを考えます。
この人に自分は何ができるのだろうか。
なにか貢献できることはないか。

しかし、何がもらえるのかを先に考える人は結局は大した物を手にすることはできません。
あなたがどうも自分にはいい話がこないと思っているのなら、もしかしたらもらう(take)ことばかり考えているかもしれません。

誰かと会うときには、あなたがその人に何ができるのかを考えてみてください。


■2005年からのツッコミ■
われながらいいこと書いています。勉強になりました。(笑)


■2012年からのツッコミ■
これは成長の段階ですね。
Take and Give

Give and Take

Give and Give
があります。
与えることが好きになって、あえて取ることを考えなくても与え続けられるような状態です。
これは誰でもできている分野があると思うのです。
インターネットの掲示板で質問すると、みんな親切に教えてくれますよね?
あれなんてGive and Giveの状態です。
あなたがGive and Giveをしている分野はなんでしょう?

ちなみに、さらに次のステップもありますが何でしょう?



第11回 ゴールドラッシュの話

第26回 コンタクトレンズは何色?

  コラムを読んでくれたあなたに、犬飼ターボからの
特別プレゼントです。
実は、ハピサクコラムは表に公開している16コだけではありません。
シークレットコラム”が隠されています。

その数なんと100以上!!

”ある道筋”をたどると・・・どなたでも無料で読むことができます。


≪シークレットコラムへの秘密の通路はこちら≫
 



全6回 期間限定無料メール小説


「犬飼さんは何をして成功したんですか?」

これはお会いした方に必ずいただく質問です。
面倒なので今まではほとんど詳しく話したことがありませんでした。

タイトルの「大商人の秘法」とは僕が2004年の年末に書いた
『星の商人』という小説の中に出てくるビジネスを大成功させる教えです。

実は、この「大商人の秘法」は、僕が25歳の時に
本当にある成功者から教えてもらったことのです。

それを聞いたとき、体も心も魂もぶるぶると震えました。
そして僕は「そういう成功の仕方を目指そう!」と深く決意したのでした。

それから4年。
僕は「大商人の秘法」を使って成功することが出来ました。

このメール小説では僕が「大商人の秘法」を使って成功していった
実話をショートストーリー風に書いてみました。
もちろん、秘法について説明もしています。

登録した当日から、全6回を毎日一通ずつメールでお届けします。

それでは不思議な出会いからはじまる成功の物語をお楽しみください。

メールアドレス
第1号 人生の袋小路に迷い込んじゃった
第2号 成功者の教えに震えました
第3号 先延ばしは捨てよう!と決意してセールスの世界へ
第4号 相手が成功するほど、僕も成功した仕組み
第5号 自分の○○○○を忘れない
第6号 大商人の秘法を使って成功する5つのポイント

こちらのQRコードを読み取っていただき、空メールを送っても登録できます。

戻る