ホームへ戻る 犬飼ターボの秘密ハピサク日記オススメ本メール送信

第29回 すごく辛い時を楽しむ方法
執筆年  2001年   

画・ざむ姫

人生は[      ]である。

あなたならカッコに何を入れますか?
これであなたのスタンスがわかります。

僕はならこう入れます。

人生は[ 映画 ]である。

死ぬときにソウマトウのように人生を振り返るって言うじゃないですか。
(走馬灯って見たことないのですが・・・)身近なもので言うなら映画でしょう。死ぬ最後の映画がつまらなかったら、すごい損した気分になりそうです。自分が最後に見る映画は絶対に面白くしなければって思います。

面白い感動的な映画には、必ずアップダウンがあります。主人公が苦しい時を経験するのです。それが苦しければ苦しいほど、最後の逆転の感動が大きくなります。
僕の好きな映画は「マトリックス」ですが、主人公がはじめから、めちゃくちゃ強かったらすごいつまらないと思いませんか? はじめはヨワヨワで、何度も負けて、でも最後に勝つ。これが感動映画のパターンでしょう。

僕は24歳ごろから成功者のお話をうかがううちに、自分も成功して「成功物語」を話したり、本を書こうと思いました。その物語は感動的でなければ聞いた人、読んだ人が面白くないでしょう。書店に売れ残って返品されちゃったら悲しくありません?
そう考えるようになってから、どんなに辛い時にも「これはいいネタだ」、「ここはみんなが感動するシーンだ」と思うようになって、失敗を楽しめるようになりました。

今では、父のリストラで家が経済危機に陥って、僕も超貧乏で犬の予防接種もお金がなくて行けなった話や、ビジネスで同業者にだまされて1日に100万円を損した話などがよいネタになっております。

あなたは成功したとき、人を感動させるネタの準備は出来ていますか?


■2005年からのツッコミ■
辛かった時のことを自慢話にするのは、成功するためには辛い体験が必要だと思い込んでいるからです。
しかし、成功した人が辛かった時の話をするととても喜ばれます。
それは多くの人がそう思っているということなんです。
結局、辛いことは必要なのではなく、その人にとって必要だからやってくるんですね。
だから、もし望まない辛い出来事が来てしまった時は、ここで書いているように自分を励ますといいでしょう。




第26回 コンタクトレンズは何色?

第31回 修行してはいけません

  コラムを読んでくれたあなたに、犬飼ターボからの
特別プレゼントです。
実は、ハピサクコラムは表に公開している16コだけではありません。
シークレットコラム”が隠されています。

その数なんと100以上!!

”ある道筋”をたどると・・・どなたでも無料で読むことができます。


≪シークレットコラムへの秘密の通路はこちら≫
 



全6回 期間限定無料メール小説


「犬飼さんは何をして成功したんですか?」

これはお会いした方に必ずいただく質問です。
面倒なので今まではほとんど詳しく話したことがありませんでした。

タイトルの「大商人の秘法」とは僕が2004年の年末に書いた
『星の商人』という小説の中に出てくるビジネスを大成功させる教えです。

実は、この「大商人の秘法」は、僕が25歳の時に
本当にある成功者から教えてもらったことのです。

それを聞いたとき、体も心も魂もぶるぶると震えました。
そして僕は「そういう成功の仕方を目指そう!」と深く決意したのでした。

それから4年。
僕は「大商人の秘法」を使って成功することが出来ました。

このメール小説では僕が「大商人の秘法」を使って成功していった
実話をショートストーリー風に書いてみました。
もちろん、秘法について説明もしています。

登録した当日から、全6回を毎日一通ずつメールでお届けします。

それでは不思議な出会いからはじまる成功の物語をお楽しみください。

メールアドレス
第1号 人生の袋小路に迷い込んじゃった
第2号 成功者の教えに震えました
第3号 先延ばしは捨てよう!と決意してセールスの世界へ
第4号 相手が成功するほど、僕も成功した仕組み
第5号 自分の○○○○を忘れない
第6号 大商人の秘法を使って成功する5つのポイント

こちらのQRコードを読み取っていただき、空メールを送っても登録できます。

戻る