ホームへ戻る 犬飼ターボの秘密ハピサク日記オススメ本

第134回 本当にほしいもの
執筆年  2004年   

画・ざむ姫

あなたは「本当に欲しいもの」を相手に伝えられずに、
かえって傷ついたことがありますか。


僕が高校のとき、付き合っていた彼女がいました。

彼女と言っても、「付き合おう」と言ったきり、そもそも付き合うとはどんなことなのか?何をすればいいのか分からずに、ただ毎日が過ぎていました。



そして、二ヶ月くらいしたある日、ちょっと話があると呼び出されました。
そこでこんな感じのことを言われたのです。

「私達、付き合っている感じが全然しない」

僕はとても責められているような気がしました。

特に、上手に恋人関係を築けない自分に、男として無能な自分を感じたんですね。

「で、どうしたいんだよ?」

反感を滲ませながら言い返しました


「そんなことあなたが考えてよ」

「は???」

これはまさに責められています。どうしたらいいか訳が分からなくなり、混乱しました。

そのうちに、怒りがドバッと湧き上がってきました。


「分かったよ、じゃあ、もう別れよう!」


僕を無能呼ばわりした女の子にばっさりと縁を切ることで復讐してやったのでした。

こうして二人は傷ついて別れました。

めでたしめでたし?


このパターン、僕は人生で何度もやっているんですね。

告白すると最近にもありました。


このパターンに気がついたのは、なぜ自慢話をする奴が嫌いなんだろう?という原因を探っていたのがきっかけです。

僕はですね、メルマガとかで「自分はこんなにすごいんだぞ」

と尊敬を勝ち取るために自慢話をしているのを見ると、なんだか無性にムカつくのですよ。

それは今まで自分にとっては普通だったんですが、でも、なんでこんなにムカつくんだ?

とふと不思議になり、過去の体験を遡ってみました。


すると中学のときに友達の気を引きたいために自慢話をして、それを嘲り笑われた経験にたどり着きました。

そのとき、「なんで自分はバカなんだ。二度と人の気を引くために自慢話をしないぞ!」と固く決心をしたのです。

で、そんな自分をとても責めたのでした。


だから、今になっても気を引くために自慢をしている人を見ると、罰して否定した自分を見るわけ。

心理学の公式どおり、否定している自分を相手に投影してムカムカしていたわけです。


で、じゃあ、そのとき結局、自分は何をしたかったのかなと考えてみたのです。


結局ね、仲良くなりたかったんですよね。


肝心な仲良くなりたいって言うことを言わずに、自慢して気を引こうとして返り討ちにあって自分を罰した、

というのがそのときのドラマだったんですよ。


本当にほしいものって言えないんだよねえ、だって断られたら怖いから。

「仲良くなりたいんだけど」って言って「嫌だよ」って言われちゃったら、ショックデカすぎです。


なんで仲良くしたいって言うのがこんなに怖いのかというと、両親との関係で拒否されてきたからです。

「お母さん〜」って抱きついたとき、「邪魔、あっち行ってて」なんて遠ざけられる経験で傷ついたわけですよ。

で、仲良くなりたいって言うのが怖くなっちゃった。


そこで自慢して気を引こうとしたり、付き合っていた彼女みたいに不満を言って、

相手に自分が欲しいものを気づいてもらおう
とするものなんですよね。


不満を言って暗に相手を責めるっていうのは都合がよくて、自分は拒否されないから傷つかなくて済む。

「私はあなたとの関係がこんなに不満なんだ」って言っても「嫌だよ」って拒否はされないでしょ。

そして、自分の欲しいものを気づかない相手を責められますからね。


でも、これってもっとひどい結果になっちゃう。

不満を言われたら、たいてい相手は責められたと感じてしまうから

僕なんかは、まさに気づかずに責められたと思って相手を切り捨てちゃってきたタイプですね。

相手にしたら、もっとも恐れていた事態になるんですよね。

もちろん僕にとってもとても辛い。


 

では、どうしたらいいか?

もし、相手に不満を言いたくなったら、

何を感じて不満を言おうとしているのかを考えよう。

そして、きちんと「私は・・・・が欲しい」ということを伝える。

そうしたら、相手もあなたがどうしたいのかが分かるから。


もちろん、すべての要求を相手が満たしてくれるなんてことはない。

断られて傷つくことはあるかもしれないけど、少なくとも相手が勘違いして辛い結果にならずに済む。

無駄な人間関係のストレスはぐっと減りますよ。


 

 <今すぐできるハピサク道>

■あなたが本当の欲しいものを言えないときにしてしまう行動はなんですか?



第129回 物欲はどうでしょう?

  コラムを読んでくれたあなたに、犬飼ターボからの
特別プレゼントです。
実は、ハピサクコラムは表に公開している16コだけではありません。
シークレットコラム”が隠されています。

その数なんと100以上!!

”ある道筋”をたどると・・・どなたでも無料で読むことができます。


≪シークレットコラムへの秘密の通路はこちら≫
 



全6回 期間限定無料メール小説


「犬飼さんは何をして成功したんですか?」

これはお会いした方に必ずいただく質問です。
面倒なので今まではほとんど詳しく話したことがありませんでした。

タイトルの「大商人の秘法」とは僕が2004年の年末に書いた
『星の商人』という小説の中に出てくるビジネスを大成功させる教えです。

実は、この「大商人の秘法」は、僕が25歳の時に
本当にある成功者から教えてもらったことのです。

それを聞いたとき、体も心も魂もぶるぶると震えました。
そして僕は「そういう成功の仕方を目指そう!」と深く決意したのでした。

それから4年。
僕は「大商人の秘法」を使って成功することが出来ました。

このメール小説では僕が「大商人の秘法」を使って成功していった
実話をショートストーリー風に書いてみました。
もちろん、秘法について説明もしています。

登録した当日から、全6回を毎日一通ずつメールでお届けします。

それでは不思議な出会いからはじまる成功の物語をお楽しみください。

メールアドレス
第1号 人生の袋小路に迷い込んじゃった
第2号 成功者の教えに震えました
第3号 先延ばしは捨てよう!と決意してセールスの世界へ
第4号 相手が成功するほど、僕も成功した仕組み
第5号 自分の○○○○を忘れない
第6号 大商人の秘法を使って成功する5つのポイント

こちらのQRコードを読み取っていただき、空メールを送っても登録できます。

戻る