ホームへ戻る 犬飼ターボの秘密ハピサク日記オススメ本メール送信

第89回 キャッシュフローゲームを売る
執筆年  2002年   

画・ざむ姫

うちの父も「金持ち父さん」を読み始めました。
30年もサラリーマンだった父にとっては、全く正反対の思考です。
それでもリストラ後、親子でネットワークビジネスをやったりしたので、正しいサラリーマンだった父も、普通の同年代のお父さん達の頭よりは少しは柔らかくなっています。
感想を聞いてみると、「面白い」と言っていました。
成功する考え方がだんだんと馴染んで来たようです。

さて、今日は金持ち父さんシリーズを違った方向から見てみましょう。

あの本は本当に良いですね。
あの本を読んで、不動産投資や資産運用、起業に対して興味を持った人は大勢居るでしょう。それと同じくらいキャッシュフローゲームをやりたくなった人も多いはずです。そうです。気づいた人も多いでしょうが、あれはキャッシュフローゲームの宣伝という意味が大きいのです。
特に、「上級編」では「キャッシュフローゲームがいかに優れたゲームであるか」がたくさんちりばめられていて、読んでいるとだんだんと洗脳されていきますね。僕もすっかり洗脳されました。
人は、大きな良いを一回言われるよりも、小さな良いを何回も言われた方が良いを受け入れるものです。
サブリミナル効果って言うのでしょうか。

「金持ち父さんシリーズ」を「庶民が金持ちになる為のノウハウを教える教科書」という位置付けだけではなく、「キャッシュフローゲームの有料パンフレット」と考えたらどうでしょう?
普通なら、パンフレットは会社案内のような上等のものなら一冊100くらいします。それを多くの人に見てもらうために広告宣伝して、資料請求してもらって発送する為には、どれくらいのコストがかかるでしょう?もう、一冊当たり1000円とかを超えてしまうのです。痛いですね。

ところが、本の形式を取ると一般人がお金を出して買ってくれるんですよ。しかも売れたら印税まで入ってくるわけです。これだけでウハウハです。
さらに、ここが大事なのですが、本を読むときには、「変な商品を買わされない様に」、とあまり慎重になる人はいません。当然、理解しようという姿勢になっていて受け入れ態勢はバッチリです。そこまで行かなくても、良い事しか書いていないパンフレットを読む時ほどは警戒しないでしょう。誰だってパンフレットは、その会社が作ったのだからそこの商品や会社を売り込むために作ったと言うのを分かっていますから。
さらに、本にすればさっき書いたように、文章の中に”小さな良い”をちりばめることで、読者は抵抗無く受け入れてくれます。

見事ですね。ロバート氏。
だから金持ち父さんなんですよ。

さて、そういう視点でもう一度「金持ち父さんシリーズ」を読み返してみてください。他の本もそうです。何の意図があってこの本は書かれたのかをいつも考えるくせを付けると、面白いですよ。
成功のヒントは世の中にたくさん散らばっていますね。

うちの父にも是非、金持ち父さんになって欲しいと思います。



第67回 成功した時を決める

第105回 買った後の状態をイメージさせる

  コラムを読んでくれたあなたに、犬飼ターボからの
特別プレゼントです。
実は、ハピサクコラムは表に公開している16コだけではありません。
シークレットコラム”が隠されています。

その数なんと100以上!!

”ある道筋”をたどると・・・どなたでも無料で読むことができます。


≪シークレットコラムへの秘密の通路はこちら≫
 



全6回 期間限定無料メール小説


「犬飼さんは何をして成功したんですか?」

これはお会いした方に必ずいただく質問です。
面倒なので今まではほとんど詳しく話したことがありませんでした。

タイトルの「大商人の秘法」とは僕が2004年の年末に書いた
『星の商人』という小説の中に出てくるビジネスを大成功させる教えです。

実は、この「大商人の秘法」は、僕が25歳の時に
本当にある成功者から教えてもらったことのです。

それを聞いたとき、体も心も魂もぶるぶると震えました。
そして僕は「そういう成功の仕方を目指そう!」と深く決意したのでした。

それから4年。
僕は「大商人の秘法」を使って成功することが出来ました。

このメール小説では僕が「大商人の秘法」を使って成功していった
実話をショートストーリー風に書いてみました。
もちろん、秘法について説明もしています。

登録した当日から、全6回を毎日一通ずつメールでお届けします。

それでは不思議な出会いからはじまる成功の物語をお楽しみください。

メールアドレス
第1号 人生の袋小路に迷い込んじゃった
第2号 成功者の教えに震えました
第3号 先延ばしは捨てよう!と決意してセールスの世界へ
第4号 相手が成功するほど、僕も成功した仕組み
第5号 自分の○○○○を忘れない
第6号 大商人の秘法を使って成功する5つのポイント

こちらのQRコードを読み取っていただき、空メールを送っても登録できます。

戻る